更新情報

更新情報

2017-10-22
rFactorのTrackページにrFactor2版そらまめスピードウェイを追加しました。

2014-09-23
GPBikesのTrackページに仙台ハイランド(Yohjiさんコンバート)を追加しました。

2014-08-09
GPBikesのTrackページを追加しました。

2014-07-30
rFactor Alpha Beta Trackページに仙台ハイランド(6/24版)、Low Tech Test Trackのダウンロードリンクを追加しました。
BTB XPacksページにXPackのダウンロードリンクを追加しました。

2015年1月12日月曜日

rFactor1におけるBillboardのオブジェクト(3dsimed使用)

3dsimedが更新されて、rFactor1でも簡単にオブジェクトにBillboardの属性を付けることが出来るようになりました。

Billboardを使う事によって、面のオブジェクトでも下を軸にして常に自分から見て正面に表示させることが出来る。

Billboardを使う物の例
・草木
・人(観客とか)
etc...

(3dsimed上)


1
・オブジェクトを右クリックで選択して、右側のobjectメニューのBillboardの欄をTrueにする。


























2 (ここ重要)
・Pivot pointを設定する。
オブジェクトを選択したまま、右側の[+]マークでPivot pointを設定する

2つ項目があるが、どちらでも行ける(調査中)




完成。(rFactor中の画面)













































Pivot Pointを設定しないと、座標の真ん中を軸にしてクルクル回ってしまう。











0 件のコメント:

コメントを投稿